アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

老化と悪玉活性酸素の関係

老化と悪玉活性酸素の関係

私たちの身体が約60兆個の細胞から成り立っていることはよく知られています。人間も含めほ ぼすべての生物が生きていくためにはエネルギーを生み出す必要があり、そのエネルギーを作る工場が細胞の中にあるミトコンドリアです。呼吸で得た酸素の9 割をミトコンドリアで代謝して私たちは生きています。ところがこの大切なエネルギーを生み出す過程で、副産物として”活性酸素”が生まれてしまうのです。

この活性酸素のうち、老化の原因となる”悪玉活性酸素”=ヒドロキシルラジカルの害を低減し、細胞や体をいかに若く元気に保つか――その答えが水素なので す。これまでに水素の研究は急速に進み、抗酸化作用以外にも抗炎症作用やアレルギーを防ぐ効果、代謝を活発にする効果など、身体に良い多くの作用があると いう新事実が次々わかってきました。

さて、このミトコンドリアですが、食事で得た「糖分」と呼吸によって得た「酸素」を反応させ、生きるためのエネルギーを日々生み出しています。この時に副 産物として生まれてしまうのが活性酸素で、なんと体内の90%の活性酸素がミトコンドリアから生成されています。そしてミトコンドリアが生み出した活性酸 素のなかで問題となるのが、酸化力の強い”悪玉活性酸素”=ヒドロキシルラジカルです。これが体をサビつかせ、老化やさまざまな病気の引き金になることが 近年の研究で明らかになってきました。

悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカルは酸化力が強く体中をサビつかせます。細胞やDNA、ミトコンドリア自身も傷つけてしまいます。ミトコンドリアが弱れ ば、それが原因でまた余分な悪玉活性酸素が生み出されてしまいます。悪玉活性酸素によって細胞が弱ってくると、どんどん体の調子が悪くなり、老化、体のト ラブルなどの原因になります。ここで水素の登場です。水素には、都合のよいことに、この悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカルだけを選択的択的に除去する働 きがあるのです。

水素は体の中で悪玉活性酸素と反応して水になってしまいます。つまり無害物質になるわけです。トラブルを引き起こす原因である悪玉活性酸素を減らすことが できれば、細胞レベルで元気になれば、若々しい身体、健康を保つことができるのです。いま水素が大いに注目されているのは、こうした体の仕組みと深い関係があるのです。