アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

医学的に証明されている効果

医学的に証明されている効果

第26回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で、セキひふ科クリニックの関院長により「皮膚に対する電解水素水の効果」として、水素水のヒト臨床による保湿・美白の効果が発表されました。

美白効果 美白効果 シワの改善・抑制 美肌効果 肌のキメを整える

保湿効果(しっとり感・弾力感・毛穴・シワ・キメの改善)
皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層からなり、真皮が皮膚の本体といえます。真皮は繊維上のタンパク質(コラーゲン)が網の目のように張り巡らされた構造になっており、この繊維(コラーゲン)のすき間に水分を保持して、肌のハリやみずみずしさを保っています。
真皮で活性酸素が増えると、コラーゲンの産生が抑制されたり、ターン・オーバーの乱れを招き、古いコラーゲンは網の目状の繊維が硬く縮み、水分の保持ができなくなってしまいます。 そのため、肌に潤いがなくなり、弾力も失せ、シワも増えていきます。
そこで、水素水パックにより、真皮まで浸透した水素分子が活性酸素を除去することで、コラーゲンの産生が適正に行われるようになるため、水分の保持力が増します。
その結果、肌に潤いや弾力が増し、しっとりした美肌が蘇ります。

美白効果(シミ・そばかす・くすみ・くまの改善)
皮膚のシミやくすみは、活性酸素と脂質の結合による過酸化脂質と活性酸素によるメラニン色素の増加が原因となります。
活性酸素による過酸化脂質の生成は、連鎖的に行われるため、どこかでその連鎖を停止しなければ、断続的に過酸化脂質の生成が行われ、シミやくすみを招きます。
そこで、水素パックにより、水素分子のもつ強力な抗酸化力によって、その連鎖を停止させることができ、皮膚のシミやくすみを沈静化させます。
一方、メラニン色素の増加は、活性酸素がメラニン色素を生成するために必要となるチロシナーゼという酵素を活性化させてしまうことで起きる現象であるため、その根源である活性酸素を水素分子で除去することで、メラニン色素の生成を抑制することができます。