アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

水素水の効果効能は?

現代の病気の約9割の原因となっているのは、何かご存知でしょうか?
医学的にその原因は「活性酸素」と「過酸化脂質」と言われており、過酸化脂質は、皮膚や体内の脂(皮脂、中性脂肪、コレステロース、不飽和脂肪酸)と活性酸素が結合して作られることから、病気や老化のほとんどの根源が「活性酸素」ということになります。

この活性酸素を取り除くことができる物質として、水素をはじめとし、リコピンやビタミンC、ポリフェノール、カテキン、ビタミンEなど様々な抗酸化物質があります。
しかし、体内に蓄積した活性酸素は、細胞膜レベル、細胞質、血中レベルのいずれの場所でも存在し、ダメージを与えまうため、
いくら抗酸化作用をもつ物質でも、こういった部分にまで行き渡らなければ意味がありません。 そこで、水素は地球上で最も小さい分子(水素の分子量:1、リコピン:約160、ビタミンC:約176、ポリフェノール:約221、カテキン:約290、ビタミンE:約490、コエンザイムQ10:900)であることから、水素水を飲むことで、細胞の隅々まで水素が入り込み、活性酸素と結合して無害な水となって排出してくれるという特性があります。
また、水素には、他の抗酸化物質にはない、ヒドロキシラジカルをはじめとする人体にとって有毒な“悪玉活性酸素”とだけ結合(選択的結合)して、身体から取り除いてくれるという特性があります。