アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

活性酸素フリーラジカルの有害性

活性酸素フリーラジカルの有害性

私たち人間は、生命維持のエネルギーを得るために酸素を消費します。(大気の約21%が酸素)

その際に、酸素の一部(約2%という説があります)が、「活性酸素」と呼ばれる非常に反応性が高い状態に変換されることがあります。
活性酸素には4種類あり、そのうちの2種類(スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル)は、細胞に損傷を与える有害なもので「悪玉活性酸素」や「フリーラジカル」と呼ばれます。

人間の身体の各組織には、「抗酸化酵素」と呼ばれる、活性酸素・フリーラジカルを除去・分解して無害にする酵素(カタラーゼなど)が存在していますが、これらの酵素で分解しきれない余分な活性酸素は、癌や生活習慣病、老化等、さまざまな病気の原因になると言われています。
中には、あらゆる病気の90%の原因に活性酸素が関係しているという説もあります。

抗酸化酵素以外で活性酸素を除去する、いわゆる「抗酸化物質」としては、ビタミンC、ビタミンE、ベータ・カロチン、ビタミンA、グルタチオンなどがあります。
喫煙によって病気のリスクが増すのは、喫煙で活性酸素が増加することが大きな原因で、ビタミンCも大量に消費するため、メラニンも抑制できずシミやくすみなどの肌トラブルにもなるのです。

こういった、酵素やビタミン以外で活性酸素を除去する方法として、今大変注目され急激に広まっているのが、水素水に代表される、水素の還元力を使う方法です。