アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

水素は薄毛・育毛の強い味方

水素は『薄毛・育毛対策』の強い味方

『血行不良の改善』と『活性酸素を除去する効果』がある水素は、多くの男性、女性が悩む育毛対策にも効果が期待できます。
※活性酸素は髪の毛の成長に不可欠なタンパク質を酸化させて破壊します。
薄毛が進行する原因って何?

そもそも薄毛になる原因は1つではありません。そのため何が主な原因を把握し総合的に対策を行う必要があります。

[原因①]食生活、栄養バランスの乱れ
髪の毛の成長に必要なタンパク質やミネラル類、頭皮環境を整えるビタミン類が不足することで薄毛が進行します。対策としては、タンパク質(豆腐や納豆など)やビタミン類(緑黄色野菜、レバー、うなぎなど)を積極的に摂取し、脂っぽい肉類中心の食生活はなるべく控えたほうがいいでしょう。

[原因②]運動(有酸素運動)不足
運動(有酸素運動) 不足が続くと新陳代謝が行われなったり、血流不良になり髪の成長に必要な栄養が十分に頭皮に運ばれません。血行改善のためにも体に少し負荷がかかるぐらいの運動(ウォーキングやランニングなど)を、週に1~2回程度行いましょう。

[原因③]喫煙、飲酒
喫煙でニコチンが体内に侵入すると血管が収縮し血行不良を起こし薄毛が進行します。また活性酸素も発生し続けるため老化スピード(頭皮も含め)の加速にも繋がります。大量の飲酒は肝臓に負担をかけて髪の毛を作るタンパク質を生成できず髪の成長スピードを遅らせます。タバコは体に良いことはないので吸わないに越したことはないです。飲酒は1日コップ1杯程度であれば血行促進効果が高まる効果があるので、適度な量を心掛けましょう。

[原因④]睡眠不足
睡眠不足が続くと疲労回復、脂肪燃焼、頭皮や肌の修復作業を行う成長ホルモンが分泌されなくなり発毛不良につながります。成長ホルモンの分泌が多くなる夜10時~深夜2時までの間に睡眠をとると、髪の毛が生えやすい頭皮環境を整えることができます。

[原因⑤]遺伝一説によると遺伝が原因で薄毛になる可能性は全体の約25%だとも言われています。遺伝に逆らうことはほぼ無理ですが、生活習慣(食生活、睡眠、適度な運動)を見直すことで薄毛の進行スピードを10年~15年遅らせることは可能だと言われています。

[原因⑥]男性ホルモン(DHT/ジヒドロテストテスロン)
年齢を重ねると男性らしい筋肉、骨格の形成が始まります。これは男性ホルモンの影響によるものですが、男性ホルモンの1つにテストテスロンが5α-リダクターゼという酵素と結合するとDHT(ジヒドロテストテロン)というホルモンに変換されます。 DHT(ジヒドロテストテスロン)が生成されると髪の毛の成長期に乱れが生じて抜け毛が増えたり、まだ生えかけの細く短い毛が成長する前に脱毛する現象が続き薄毛が進行します。DHT(ジヒドロテストテスロン)は薄毛の最大原因と言われています。

対策として、DHT(ジヒドロテストテスロン)の結合を抑制する育毛成分が含まれている育毛剤で頭皮ケアを行い、脱毛を防ぎ髪の毛が成長できるような頭皮環境を作りましょう。また適度な有酸素運動を行い汗を流すことで、DHT(ジヒドロテストテスロン)も一緒に排出することができます。
[原因⑦]過度なストレス
慢性的にストレスを溜めると交換神経の緊張状態が続いて血管収縮が起こり血流不良になります。またストレスを溜める度に活性酸素が発生し続け、頭皮の皮脂の酸化(老化)にも繋がり毛母細胞を傷つけます。すぐにできるストレス発散方法は、適度に汗をかく有酸素運動運動や毎日10分程度、お風呂に浸かり体を温めるなどが挙げられます。運動後や体を温めてリラックスすることで副交感神経が活発になり血行改善につながります。

水素水が薄毛・育毛対策に効果がある理由
薄毛になる原因には様々な要因が絡み合っています。 そのため『これだけやれば大丈夫!』といった1つの対策案だけではまったく効果はありません。 水素は『血行不良』と『活性酸素除去』の2つの薄毛の原因に最大限効果を発揮します。血行不良が続くと髪の毛を作る毛母細胞へ栄養が運ばれなくなり、発毛力が低下して薄毛へとつながります。また活性酸素は頭皮の皮脂を酸化(老化)させて髪の毛を作る毛母細胞を傷つけます。

水素水を飲用することで体内から活性酸素が排出され、傷ついた血管細胞も修復されるので血流改善にも高い効果があります。また副交感神経刺激されるのでリラックス効果も高くなります。 水素水で老化を抑え(活性酸素の除去)、若さを保ち(血管細胞を修復)ながら育毛に必要な栄養分を摂ったり生活習慣を送ることで効果的な育毛対策ができるでしょう。血行不良を改善して毛母細胞へ栄養分を運ばせるためには、発汗作用が向上する水素風呂がおすすめです。