アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

様々な水に関する疑問1

水を飲みすぎると水中毒になるの?
水中毒とは、過剰な水分摂取で生じる低ナトリウム血症のことです。
大量の水の摂取によって血中のナトリウム濃度が著しく下がり、抗利尿ホルモンが多く分泌され、腎臓が排泄するべき水分を再吸収してしまうので、体内の水分が急激に増えてしまいます。
その結果、“身体がだるい”“吐き気がする”“筋肉のけいれん”などの症状が起こります。さらにひどくなると意識を失ったり、呼吸困難になり命の危険にもつながります。

しかし、平常時にはあまり起きにくく、運動などにより体内の塩分とともに水分を失った後に、一気に水を飲んだ場合などに起きやすくなります。