アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

水素水にイソジン(ヨウ素を含むうがい薬)を入れると透明になる?

うがい薬の有効成分であるヨウ素は、その酸化作用によって、菌やウイルスを酸化させ死滅させます。 このヨウ素が、還元物質(電子を奪われやすい物質)を酸化させると、透明のヨウ素イオンに変化します。 例えば、レモンをしぼった水にヨウ素を滴下すると、この原理によって茶褐色のヨウ素が透明のヨウ素イオンへと変化します。 ヨウ素の酸化作用によって、ヨウ素にビタミンCの電子が奪われるという酸化還元反応(化学反応)が生じ、ヨウ素が透明のヨウ素イオンへと変化することで、透明になります。 同じく、アルカリイオン水の場合でも、アルカリイオン水に含まれる水酸化物イオン(OH-)が、ヨウ素に電子を奪われる酸化還元反応を起こしますので、ビタミンCと同様、ヨウ素が透明のヨウ素イオンへと変化し、透明になります。 水素水の場合、水素水に含まれる水素(H2)は、常温常気圧の元ではフッ素以外の物質とは化学反応を起こさないため、水素が還元物質であっても、酸化還元反応が生じないため、水素水にヨウ素を入れても、透明にはなりません。 ◆ビタミンCの場合における化学式 ビタミンC(アスコルビン酸:C6H8O6)+ヨウ素(I2) 化学反応後 → デヒドロアスコルビン酸(C6H2O6)+ヨウ素イオン(2I-)+2H+ ※デヒドロアスコルビン酸:酸化されたビタミンC ※ヨウ素(I2)がビタミンCの電子を奪うことで透明のヨウ素イオンへと変化する ◆アルカリイオン水の場合における化学式 水酸化物イオン(OH-)+ヨウ素(I2) 化学反応後 → ヒドロキシラジカル(・OH)+ヨウ素イオン(2I-) ※ヨウ素に電子を奪われた水酸化物イオンは、酸化力が最も強いヒドロキシラジカルとなる