アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

水素の濃度によって効果に違いはある?

放射線の投射による細胞の生存率と水素濃度の関係を調査した実験により、約0.4ppmまでは効果と水素濃度に密接な関係があり、約0.4ppm以上になると効果と水素濃度は無関係になる、ということが判っております。
これは、体内にある水素分子を感知する水素レセプターが数量的に一定であるためと考えられています。

また、中部大学の近藤教授らの研究により、水素水を摂取した場合、水に含まれる水素の約6割は体内で消費・吸収されず、呼気時に体外へ排出されてしまうことが判っております。

これらをまとめると、水素水によって水素を摂取する場合、水素濃度1.0ppm以上の水素水を摂取することが効果的であるということが言えます。