アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

水素ってすぐに抜けちゃうものなの?

世の中には、さまざま水素水商品がありますが、その生成方法は大きく分けると、スティック・タイプや一部の水素水サーバーに利用されている「マグネシウム触媒方式」、専用ボトルで販売されている「水素ガス充填方式」、そして、「電気分解方式」の3つに分類されます。

しかし、水素分子は、炭酸ガス(二酸化炭素)とは異なり、非常に水に溶けにくい性質であるため、どの方式で作られた水素水も、水の中に圧力によって水素を押し込んでいます。

水素に限らず、気体は圧力が高いところから、低いところへ逃げていく性質をもっています。
そのため、圧力によって水の中に押し込められた水素は、当然、圧力の低い空気中に逃げてしまうため、どれだけ圧力をかけているかで、水素が抜けてしまう時間が異なります。
「水素水を放置しておくと、酸素と結合して無くなってしまう」は間違い
「水素水をペットボトルに入れておくと、ペットボトルの材質より水素の方が小さいから、外の空気に触れて水素が逃げていってしまう」
「水素水をコップに入れて放置しておくと、酸素と結合して、水素が無くなってしまう」
このような話をよく聞きますが、いずれも間違いです。
そもそも、水素分子(H2)は常温下では、フッ素としか化学反応を起こしません。つまり、空気中の酸素と結合することはありません。
そのため、水素水をコップに入れて放置しておくと水素が無くなってしまう理由は、酸素と結合するからではなく、「気圧の低いところ(上空)に逃げてしまうから」というのが正解です。
ペットボトルの原材料は、高分子(大きな分子)であるため、どのような素材でも「気体を通過させてしまう性質(気体透過性)」をもっています。
そこで、ペットボトル内部よりも、ペットボトル外部の気圧の方が低いため、気体透過性によって、水素分子がペットボトルの外部へ通過していってしまいます。