アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

科学的に証明されている溶存水素濃度の限界値

そもそもの水素の溶解度(ある溶質が一定の量の溶媒に溶ける限界量=飽和溶液の濃度)は、水1mlに対して0.01750mlである
・水素の化学式量(イオン式中の原子量の総和)は2.01
・「ボイルの法則」により導き出された常気圧における気体1molの体積は22.4l

以上のことから、水1mlに対する溶存水素濃度の限界値を計算すると次のとおりになります。
0.01750ml = 約0.0175g = 約17.5mg
約17.5mg × 2.01 = 約35.175mg … 水1ml中に溶解できる水素の原子量の総和
約35.175mg ÷ 22400ml = 約0.00157mg … 常気圧において水1ml中に溶解できる水素の原子量の総和
したがって、水1lに対して約1.57mg → 約1.57ppm

これ以上の水素を摂取するには水素サプリメントや水素サロンでの水素吸引などで直接、体内に取り込むのがお勧めです。