アンチエイジング効果で話題の水素吸引ができる大阪の水素吸引サロンG

ノルデナウ現象 -天然還元水の治療への応用

学術雑誌名:
Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, Volume15, 279-285 (2008)
表題:
Nordenau Phenomenon – Application of Natural Reduced Water to Theraphy
著者:
Z. Gadek, T. Hamasaki and S. Shirahata (Nordenau医学研究所及び九州大学)

目的:
ドイツ・ノルデナウの泉水は、水素を多く含む天然の還元水として、ヨーロッパ及び世界から、当地に逗留して種々の病気の治療に供されている。
逗留する糖尿病患者に飲水により、血中活性酸素種(ROS)及び、糖尿病の臨床マーカー(血糖値、 HbA1c, コレステロール、HDL(善玉コレステロール)、LDL(悪玉コレステロール)等)に対する作用を検討する。
結果:
主として2型糖尿病患者を対象に、1日2リットルの泉水を与え、逗留前後の上記マーカーの変動を調べた。
その結果、96患者中76.6%でROSが有意に減少した。
糖尿病マーカーでは、45%の患者で血糖値、HbA1cが取り分け顕著に減少し、そのほかにも、コレステロール(総コレステロール、LDL(悪玉コレステロール)、HDL(善玉コレステロール))及びクレアチニン等の改善が認められ、動脈硬化、循環器疾患等への応用が示唆された。
総括:
ノルデナウ泉水は、1日2リットルの飲水で活性酸素種を減少させる抗酸化作用とあわせて、2型糖尿病に対する改善効果、循環器系への有用性があることが認められ、この作用はアルカリ還元水(水素豊富水)と同様の作用であった。